都庁

独学でビル管理士

塾などに通わなくても、ビル管理士の資格を取る事が出来ます。その為にはとにかく勉強時間を確保する事が必要です。静かに勉強したいのなら、自習室を利用するのが良いです。東京で利用できる自習室の情報。

この記事の続きを読む

渋谷

勉強につかれたら

勉強ばかりでなく、上手に息抜きする事も大切です。マッサージやヒーリングを専門とするサロンなどでは、ゆったりとした気分で次に学習に備える事が出来ます。東京で人気のマッサージ、ヒーリングサロンについて

この記事の続きを読む

秋葉原と人々

ビル管理士になったら

東京は人口も多く、建物が多い分、ビル管理士の求人は様々な所で見かける事が出来ます。具体的にどういった仕事をするのか、ビル管理士の募集や求人の探し方などについて調べてみました。

この記事の続きを読む

秋葉原とタクシー

その他に役立つ資格

ビル管理士の仕事を進める上で、東京などの大都市圏では、1級電気工事施工管理技士や1級管工事施工管理技士、また第二種電気主任技術者といった資格も就職に有利に働きます。合わせてとっておくと便利な資格一覧。

この記事の続きを読む

ビル管理の仕事とは

中学受験に合格したいあなたにぜひ通って欲しい塾がこちらです。しっかりと学んで合格へと繋げましょう。

受験を控える中学3年生の息子がいるのであれば、自宅でも勉強をサポートしてもらえる家庭教師を奈良で利用してみませんか?

東京タワー

ビル管理の仕事が東京では密かに人気を集めています。
東京や大阪などの大都市圏で特に人気のこの職業は、ビルのオーナーやテナントの占有者などに代わって、建物も管理する仕事です。
その仕事は多岐に及びます。
例えば、日本に多い、地震や台風などの自然災害が起こった場合に、すみやかに建物の対応に当たる事や、その他にも建物の敷地内で起こる突発的な事故に対応する事が求められます。
それに加え、マンションやオフィスビルならばそのビルの入居者からのクレームや相談対応も業務に含まれる場合あります。
東京には多くのオフィスビルやファッションビルが多いために、仕事の需要は多いです。
余り知名度はありませんが、狙い目の資格と言えます。

ビル管理の仕事で必要とされる資格は厳密には決まっていません。
その会社ごとに仕事内容は異なっているので、その会社によって求められる資格や技能は様々です。
その中でも、「建築物環境衛生管理技術者」という資格は有名な資格です。
一般的にこの「建築物環境衛生管理技術者」の資格の事を「ビル管理技術者」や「ビル管理士」と呼ぶこともあります。
国家試験で、年に1回行われ、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市 及び 福岡市といった限られた地域での受験となります。
その試験の内容は。ビルやテナント管理をする上で必要な情報を多岐に渡ってテストします。
建築物衛生行政概論、構造概論や建築物の環境衛生について、また空調も扱う事があるので、空気環境の整備であったり、給水・排水の管理や清掃について、ねずみや昆虫等の防除も試験科目に含まれます。
受験の際は受験資格等の規定もあるので、確認が必要です。
もし、ビル管理の仕事が未経験であるならば、まずは試験を受けてから資格を取得しておく方が有利です。

資格試験の勉強の仕方は様々です。
今はビル管理資格専門の予備校や塾があります。
それらの予備校や塾に通い、日々受講する事で勉強する方法がひとつです。
その他にも、通信教育で学ぶ方法や、書籍が様々販売されているので、参考書を買って独学で勉強する方法もあります。
勉強を続けるのはとても根気のいるものです。
多くの人が途中で挫折する事や、諦めてしまう事があります。
長く勉強を続ける為に必要なのは、集中と息抜きです。
塾や予備校を利用せずに、自分で勉強をする人は特に、集中できる環境を整える事が大事です。
図書館や自習室といった空間を上手く利用するのが大切です。
そして息抜きも学習を続けるには大切な要素なので、バランス良く頑張るのが学習を続けるコツです。